自然栽培(みたいなの)をやってみる

HOME  > 自然栽培(みたいなの)をやってみる

60才に近くなってから始めました

山村なので畑はあります。親が老齢で引退したので引き継ぎました。趣味には十分すぎる広さです。分家(わかるかなぁ?)ということもあり、田はありません。
毎日勤務先まで25kmを車で往復する身なので、あまり手間はかけられません。そこで自然栽培をやってみることにしました。草がない畑に肥料を与えては収穫する工場のような方法に違和感を抱いていたこともあります。子供の頃から親の手伝いはしてきましたが、いざ自分でやってみると、まったく無知だったことに気がつきます。思い描く理想にはまだまだ遠い、どころか、種を蒔く時期さえよくわからないですが、楽しくやっています。
年老いて体力がなくなってもできる方法を意識しています。それが限界集落に近い地域のためにもなるんじゃないかと (^^ゞ

自然栽培は体力的に楽ですが、草や虫と友達になったような気がして、精神的にも楽です。いろんな野草が生えてくる様子や、虫たちの動きを観察しているだけで、時間がたちまち過ぎていきます v(^-^)v

現在の方法

考えてみれば、野草が生えるほうが自然です。原産地から遠く離れたうちの畑で、人間に都合がいいように改良?された野菜を栽培するほうが不自然でしょう(爆 ^^;;)。健全な土壌環境の中で、野菜の中に眠る?野性を引出すように栽培できたらいいな、と思っています。

こういう類には、人によりいろんなやり方がありますが、筆者は、あまり耕さない、あまり草をとらない、あまり肥料をあげない、方法です。

土を育てたい

晴耕雨読などと悠々自適な田舎生活を表す言葉がありますが、耕すことはほとんどありません(笑)。
普通の畑のように畝を作り、そこで野菜を育てます。けれども、一度作った畝を長く使います。野菜を作る度に耕して畝を作り直して・・、なんてことはしません。土の中にはミミズから微生物も含めた土壌生物が暮らしています。耕すと、彼ら(彼女ら)の生活圏を壊します。植物が空けた根穴も壊します。なので、あまり土をいじらないようにしています。

除草もあまりしません。邪魔にならない限り生やしておきます。野菜の妨げになる草は刈ります。刈って土の上に敷きます。草の根は土の中に残します。積極的に草を生やすために緑肥を使ったりもします。

耕運機で耕す畑ではロータリー部分に草が絡まるので、刈った草を畑に敷くのはご法度ですが、うちの畑ではお構いなしです。敷く草が足りない時は近くの山野から調達したりします。

ただ、芋などは地面を掘らないと収穫できません。土を荒らしてしまうのは忍びないので、掘り返しOKの専用畝を設けることにしました。じゃがいもとネギの交互作を始めたところです。さつまいもも専用畝を設けて連作することにしました。

種の自家採取

野菜から種を採り次回の種にすることです。昔から行われてきた当たり前とも言える方法ですが、今は当たり前じゃなくなっています。。

自家採取を少しづつ始めています。
自家受粉して完熟果を食べるトマトなんかは簡単ですが、交雑しやすいコマツナなどはどうしたらいいのかわかりません(笑)。育てているすべての野菜を自家採取するのは個人レベルでは無理っぽいですね。

興味ある方は、F1、固定種、などのキーワードでググッてみて下さい。

肥料は植物性有機質肥料を少量

米ぬかと油粕が主体です。家畜系の肥料は使いません。野菜によりけりですが、使わないで済むならなるべく使わないようにしています。

気になるのは、米糠と油粕の中身です。
米糠は精米機を時々巡って無料でいただいていますので、当然ながら、農薬を使用した栽培方法でできた米の糠です。
油粕はホームセンターで購入しています。ということは、アメリカで除草剤とセットで栽培された遺伝子組み換え菜種を絞ったカスということでしょうし、最近は油を薬品で搾り取るらしいので、その薬品も残っているでしょう。
スッキリしないですが、さりとて拘るとなかなか大変なので、とりあえず、あまり気にしないことにしています (^^;;

農薬不使用

これは親の代からやってます。
一般の農作物でも正しく使えば残留農薬の問題はほとんどないそうですが、自分が農薬に触れたくないですし、(これは化成肥料にも言えますが)うちの畑に棲んでいる土壌生物を痛めつけるようなことはなるべくしたくないですね。

今の大ざっぱな状況

夏野菜は問題ありません。春野菜と秋野菜が問題です。
春に暖かくなっても、野菜が大きくなるまでには時間が必要です。このブランクをいかに埋めるかが課題です。
特に葉野菜の課題ですが、秋に早く蒔くと、虫に食われてしまいますし、遅く蒔くと十分に育たないうちに冬になります。暑い時期は葉野菜の栽培に適していなくて、虫に食べられやすいのはそのせいではないのか??、とも考えています。

ここ山間部は雪も積もりますし、秋は日照時間が少ないので、同じ北陸といえど、平地に比べると大きなハンデがあるように感じています。

畑の紹介

畑1

家の前、50坪ほど
隣家を解体した跡地。南側は家、西側は山なので、陽当たりはあまり良くない。南を山の湧水が流れているので水分には困らない場所が多いが、地下水位が高く粘土質。

畑2

集落の畑団地の一角。3箇所計70坪ほどの耕作放棄地があったが、そのうちの2箇所50坪ほどを防草シートを剥がして畑に戻した。家から500mほど離れているので、ジャガイモやかぼちゃなど、手入れが少なくて済む野菜をメインに育てている。

周囲に遮るものは何もないので陽当たりが良いが、除草をあまりしないので、(緩衝地帯はあるものの)隣が嫌がらないか気になる(今のところ大丈夫だと思う)。

逆に、防草シートを敷いているお隣さんが、境界に除草剤をまくことがあり、困っている。

参考にしている本

  1. これならできる!自然菜園―耕さず草を生やして共育ち 基本に詳しい。
    育ちや味がどんどんよくなる自然菜園で野菜づくり 最初に買うならこれかな
    1m2からはじめる自然菜園 混植と交互作で連作するプランが豊富、やや応用編かな
    竹内孝功 著

  2. 誰でも簡単にできる! 川口由一の自然農教室
    新井由己、鏡山悦子 著、川口由一 監修
    標準本として。
    監修者が主宰している赤目自然塾

  3. 野菜の自然栽培入門
    徳野雅仁 著
    しんどく思えた時、(気楽にやればいいんだ)と思える一冊として

  4. 固定種野菜の種と育て方
    野口 勲 、関野 幸生 共著
    種屋さんである野口氏の種にかける愛情と、農家である関谷氏が無肥料栽培を続ける情熱がひしひしと感じられます。

ともあれ

野菜を育てているだけで楽しいです (^^ゞ
極めるには人生の残り時間が足りない・・(笑)。

変わったことを始めたのに止めろとも言わず、出来が悪いと励ましてくれ、良いと褒めてくれ、暖かく見守ってくれる妻に感謝します。
自分でもやりたさそうなんですが、時間が取れないのと、筆者が熱心なのでかえって手を出しにくそうなんですよね (^^;;
なので、収穫専門になってます(笑)。


juubee's おぼえがき © by juubee アドレス画像 作成 2014/5/19 最終更新 2014/10/1