音楽CDのリッピングと音質

HOME > 音楽CDのリッピングと音質

はじめに

  1. CD再生よりPCオーディオのほうがCDを正確に読むから音が良い。
  2. Exact Audio Copyなどで高精度なリッピングをすると音が良い。

PCオーディオでは、こう言われることがよくあります。本当でしょうか?

いいえ、間違いです。
音が良い悪いの判断は人によって違うので好きにしたらいいですが、理由がいけません。

  1. CDプレーヤーは音楽CDを正確に読んでいる。
  2. PCで音楽CDをリッピングする時、特別なことをしなくても、正確に読んでいる。

これが正解です。
デジタルオーディオでは、デジタル的に一致するのが当たり前で、一致しない場合はなんらかのトラブルが発生しているか、(カ−ネルミキサーのように)わざとそうしているかです。これは音質以前の問題です。

確かに、CDプレーヤーとPCオーディオでは音の傾向が異なります。でも、データ的には同じです。
CDトラポとDACを繋ぐデジタルケーブルでも音が違ったり、高精度クロックを導入すると音が違ったり、音楽CDのコピーに使用するCD-Rメディアでも音が違ったり、(bit exact 限定で 笑)PCオーディオで再生ソフトにより音が違ったりするのと、同様の現象です。

以下に確認方法などを記しますので、なんならお試し下さい。

(デジタル的な)確認の実例

1、リッピングが正確に行われていることを確認する

良いと言われるドライブと廉価なドライブ、
良いと言われるリッピングソフトと普通のソフト、
それぞれで確認します。

2、CD再生が正確に行われていることを確認する

CDプレーヤーのデジタル出力をデジタル録音して、リッピングしたWAVと比較します。

3、音楽CDの読み込みエラーとエラー訂正の実際

案外誤解が多いので、実例を交えて簡単に解説します。

倉木麻衣の「Perfect Crime」 なお、ここでのエラー測定や正確な読み込みの確認の資料は、倉木麻衣の「Perfect Crime」を使って作成しました。もちろん、これに限らずともいいのですが、追試される場合は、以下のようなCDは避けたほうが良いと思います。

・AccurateRipのデータベースになさそうなマイナーなCD(笑)
・曲間に無音時間がないライブCDのようなCD(オフセットのため)

ちょっと拘り

ダメージディスクのリッピング

少々の傷や汚れは問題ありませんが、酷い傷や汚れなどがあって著しく状態が良くないCDでは、その部分が正確に読めないことがあります。こういったCDをなるべく正確にリッピングしようとするのが「セキュアなリッピング」です。もちろん、普通のCDには必要ありません。

オフセットによるずれ

音楽CDを読む時、「ドライブによって読み始める位置が微妙にずれている」という問題があります。CD-DAはCD-ROMと違い、アドレス情報がないためだそうです。このずれをオフセットと言います。
このため、人が気付かないようなごく短時間ですが、音声が抜けたり、他のトラックの音声が入って来る恐れがあります。厳密なリッピングを行いたい場合は気をつけましょう(オフセットはCDプレーヤーにもありますよね。たぶん 笑)。

最後に

筆者はリッピング条件にもある程度こだわっていますが、デジタル的な正確さにはこだわっていません。いままで見てきたように、それは当たり前のことだからです。

しかし、一方で、(リッピングにこだわり過ぎてもしかたないかな?)とも思っています。リッピングにこだわって得られた再生音の違いは脆く儚くて、そのうちに無くなってしまうと思われますし、こだわりすぎるとコピーもできません(笑)。

このあたりの筆者の考えは、筆者が実際に聴くとをご覧ください。


juubee's おぼえがき © by juubee アドレス画像 作成 2013/10/16 最終更新 2016/1/15