アクセス総数
昨日のアクセス
今日のアクセス
juubee'sおぼえがきの掲示板
[トップに戻る] [留意事項] [ワード検索] [過去ログ] [管理用]
おなまえ
タイトル
コメント
参照先
投稿キー (投稿時 投稿キー を入力してください)
パスワード (記事メンテ用)

[393] この一年、皆さん有難うございました。来年もよろしく!! 投稿者:juubee 投稿日:2011/12/31(Sat) 02:07  

☆Quien さん

・キャッシュ
ディスク・キャッシュだけでなく、再生に至るまでにはいくつかメモリーを通りますので、
わかる範囲でぼちぼちやってみようかと思います。

・SAS
私もやってみたいところですが・・(笑)

・バッサバッサ
どうも理解が足りないようなので、もう少し勉強してみます。
有難うございました。


[392] いえいえ(^^ヾ 投稿者:Quien 投稿日:2011/12/30(Fri) 21:21  

○juubeeさん

>書き込みは分かれますが、インタラクティブと仰っているので、当分は?大丈夫だと思いますよ。

 なんだかいろいろと面白いことになっていますが、juubeeさんがよければ
それでいいと思います。


>でも、HDDのキャッシュって、どんな動作をするんでしたっけ?

 私も良く分かりませんが(苦笑)、キャッシュというぐらいですから、キューが入った分を順入れ順出し
だと思います。ただし、どこまでがキャッシュされるかは謎ですね。(苦笑)メーカーとか、ファームの
作りこみとかによっても変わるとは思うのですが。

 HDD(とそのキャッシュメモリは)否が応でも大容量化していきます。(前にも同じような話になったと
おもいますが、)この時代の流れは変えることはできません。しかし、いつかのjuubeeさんがトップページ
でおっしゃっていたようにちょっとの工夫でS/N比の向上やプロセスルールの微細化に対抗できるかも
知れません。

>ポイントはメモリー内に滞留する時間ではないかと思っているのですが・・。

 ユーザー側ではコントロール不可だと思うので、この辺を推し量るのはちょっと難しそうですねぇ。
ただし、ユーザー側の任意で(音楽ファイルを丸ごと)違うところにキャッシュしてしまうことは
再生ソフトによっては可能ですから、HDDのキャッシュメモリが悪影響を及ぼすと思った場合は
メインメモリ等にキャッシュしてHDDのキャッシュメモリの影響を少なくすることは可能だと思います。

■SCSI

>ただ、なんとなくですが、クロックというより、動作の違いのほうが大きいような気はします (^^;;

 そうでね、クロックよりも転送方式等のほうが影響は大きいと思います。
今ではサーバー用途をSASという名のSCSIにその座を譲ってしまったようですが、考え方は同じの
様ですから、堅牢さはいまだに折り紙つきでしょう。
 やっぱりSCSIが一番ならばSASを使うのがひとつの解決策かなと個人的には考えています。(あくまで
私の個人的な推測の域は出ませんが。)インターフェイスカードの値段は下がってきているようですし、
中古市場にも少しずつ物が出てきているようです。SATAのHDDを使うこともできますし、SATAと同じ
7200rpmのSASHDDも存在するようです。
 できれば自分で試してみたいところですが、諸事情で…。(苦笑)

>メイン部分のことのように思われる「バッサバッサ」という語感と合わないよう
>に思ってしまうんですね (^^;;

 あくまで(SSDやSDカード)のコントローラとNANDフラッシュメモリとの間のやり取りのことを
おっしゃっているのだと思います。

>バッサバッサと動きますので、相当ノイズが多い環境になります。
>読み出された連続データにはこのノイズが乗り

 とあるので、コントローラとNANDフラッシュメモリ間のノイズが、その後の転送先にも受け継がれて
いくことを示しているように思います。

>普通の掲示板でもオアシスのように感じられるかもしれませんね。

 できれば何のしがらみもなくこちらに書き込んでいただくのが一番なのでしょうけどねぇ。(苦笑)
今は何か良い手段が見つかるのを祈るばかりです。


○baldarfinさん


>HDDの記録にHDDの振動が原因の、記録のゆらぎみたいなものが起こるのでしょうか。

 まだ調べている最中ですが、HDDでもCDと同じようなことが起こっていると考えています。
CDはピットとランド。HDDはS極とN極という違いはあるものの何かを「0」何かを「1」と置き換えている
ことに違いはないので、CDに近いことがHDDに起こっていることを想像するのはやさしいと思います。


[391] お久しぶりです。 投稿者:juubee 投稿日:2011/12/29(Thu) 20:30  

☆baldarfin さん

有益な事例のご紹介、有難うございます。

制振も効きますね。
私は、CD-Rでしかやったことがないのですが、「しっかりした音」というのは同感です。
(もっとも、リッピング時もCD-R書き込み時も、込みですが・・)
よろしければ、制振の具体的な方法もお聞かせ下さい。

>HDDへ電源コードを直接半田付けしただけです。
すごいことやられてますね。
私も、あのコネクターはとても貧弱に思えるので、いつかやろうとは思っているのですが、なかなかそこまで踏み切れません (^^;;

>この切れ込み感は、接点で人工的に作られた、元の再生音には無い「嘘」の切れ込み感ですので
コネクターの鳴きが高域に現れているんでしょうかねぇ。


[390] HDD上のファイルの音について 投稿者:baldarfin 投稿日:2011/12/28(Wed) 22:48  

今晩は。

仕事が忙しく、斜め読み程度で書き込みます(休みになったら、ゆっくりブログ等を読ませて頂きます)。

私の場合、HDDの音を良くするために、HDDやPCを制振します。
特に、HDDを制振した後に、HDD内で音楽ファイルをコピーすると、コピー前(コピー元)とコピー後(コピーしてできたファイル)とは、音が変わります。

制振することで、(同一ファイルの)再生音の高域がしっかりするような場合、以前のファイルを新しくコピーすると、以前のファイルより高域のしっかりした音のファイルができます(同じ条件で再生したとき)。
と言う感じです。
バイナリ的な変化は無いはずですが、記録状態のどこかが変化し、それが音に出てくるみたいですね。
かないまるさんの言われている、しっかりとフニャフニャの記録とは、ちょっと原因が違うような気がします。

HDDの記録にHDDの振動が原因の、記録のゆらぎみたいなものが起こるのでしょうか。
例えば、振動が原因でヘッドとプラッターの距離が微妙に変わったら、記録される磁気の強度もそれに合わせて変化するでしょう。(プラッターの振動で言えば、垂直方向の振動かな?)
また、振動によってプラッターが水平に伸び縮みをすれば、同じ「0」「1」の記録でも、プラッター上の長さが変化すると思われます(同じバイナリの記録なのに、プラッター上の長さが微妙に違う…ジッターみたいなもの?)。
これらが、記録を読み取るときに影響を与えて、再生音の違いが出て来ているような気がします。

あと、電源の質を変えると、HDDの音変わります(こっちは、ファイルをコピーしたらどうなるかは、やってません)。
質の変化と言っても、電源コードを(プラグを使って)「差込」んであったものを、プラグをちょん切り、HDDへ電源コードを直接半田付けしただけです。
音がきめ細かくなります。…ただ、他のものでも同じですが、差し込んであるものを半田付けすることで、切れ込み感は少なくなります(まあ、この切れ込み感は、接点で人工的に作られた、元の再生音には無い「嘘」の切れ込み感ですので、これで切れ込みがなくて困るようになるなら、再生装置のどこかに欠陥がある…のではないかと、私は思います)


[389] 自分で上げたり下げたりしますが (^^;; 投稿者:juubee 投稿日:2011/12/28(Wed) 10:17  

気楽な我々と違って周囲に様々な方がいらっしゃるでしょうから、
議論にもならない消耗戦でお疲れのところ、
普通の掲示板でもアオシスのように感じられるかもしれませんね。


[388] Quienさんはじめ、書き込んで下さる方々のおかげです 投稿者:juubee 投稿日:2011/12/27(Tue) 17:28  

☆Quien さん
書き込みは分かれますが、インタラクティブと仰っているので、当分は?大丈夫だと思いますよ。

>何か意味があるのだと思っていました。
ええ。普通には3.5インチを選びますから、例にするにしても、何も理由がないということも無さ
そうですよね(笑)。個人的な追及ではなく、読者の幅広い層の参考になるようお考えだと思いますが・・。

>最近のHDDは32MBや64MBと昔から比べるとかなり大きめのキャッシュメモリを搭載しています。
ほんとだ (^^;;
今ようやく気がつきました(笑)。
とすると、おっしゃるように音もキャッシュの影響を強く受けそうに思われますね。
でも、HDDのキャッシュって、どんな動作をするんでしたっけ?
(よく知らないんですが)再生ソフトのバッファみたいに、ただ溜めるだけの順入れ順出し、では
ないですよね。ポイントはメモリー内に滞留する時間ではないかと思っているのですが・・。
ちなみに、今度のテストに使ったST3500320ASのキャッシュは32MBになっていますね。ウ〜ン (^^;;

・SCSI
個人的には、最も良いストレージ用インターフェースだと考えています。
CD-Rでもファイル再生でも、音の鮮明さが違います。
ただ、なんとなくですが、クロックというより、動作の違いのほうが大きいような気はします (^^;;
サーバー用の古いHDDが好みですが、動作音が大きいんですよね(笑)。

>NANDフラッシュはバイト単位ではなくページ単位で読み出しを行っているようです。
はい、これは私も気になったのですが、不要部分を読み出すことになるのは、読みの末端側のこと
に思われるので、メイン部分のことのように思われる「バッサバッサ」という語感と合わないよう
に思ってしまうんですね (^^;;


[387] 褒め過ぎかどうかは私には分かりません。(笑) 投稿者:Quien 投稿日:2011/12/26(Mon) 21:30  

 褒められたのだから素直に受け取っておいてもいいと思いますよ。(笑)
足りない分はこれからさらに議論を重ねていくことでお返しすればよいのでは?(笑)

 まさかご本人様から訂正をしていただくとは思ってもみませんでした。(苦笑)
確かに2.5インチのHDDが良いとは書いていませんでしたね。
私の書き込み方も悪いと思うのですが、(苦笑)あの時点で2.5インチのHDDをお使いに
なられていたのには何か意味があるのだと思っていました。

 議論ついでに少し。(できれば御田さんに見ていただけるとうれしいのですが。)
音質に影響を与えると思われる要素をいくつか挙げられています。私の中では
これにキャッシュメモリとクロックのことを付け足した方がよいのではないかと
私は思っています。

 キャッシュメモリについては「(2)HDDコントローラ自体のパフォーマンス」と
かぶってしまう部分でもあるかと思いますが、最近のHDDは32MBや64MBと昔から比べると
かなり大きめのキャッシュメモリを搭載しています。特に64MBになりますとwaveで5分程度の曲であれば
キャッシュメモリ上にすべて収まってしまうことになります。再生時にもしかしたら
今までのHDDとは違う動きをするのではないのかなと思っています。
 もうひとつにキャッシュメモリのプロセスルールです。これもどの半導体とも同じ
ように微細化の一途をたどっています。プロセスルールの微細化についての影響は
何度か議論していますので割愛します。

 もうひとつのクロックですが、御田さんがご自身のblogで録音のプロやベテランの方が
SCSIが最高だ。とおっしゃっていたということですが、ATA系に対してのSCSIの
メリットとしてコントローラー内臓のCPUでデータを処理することでPCへの負荷を減らすことが
できることとともに多くのM/Bに搭載されているATA系とは違いコントローラー上に
クロックを持っていることで綺麗な波形でHDDにデータを書き込めるということにある
と思います。これはかないまるさんが「[111212]楽曲をコピーするたびに音質が変わるのは
なぜですか。」でおっしゃっていることと共通のことだと考えています。
 できることなら今のHDDでも記録前にクロックを通して綺麗な波形にしたほうが音が
良くなるのはないかと考えています。(このことに関しては私のblogでまとめて書きたいと
思っています。)

■NANDフラッシュの読み出しについて

 wiki等を参考に調べてみたのですが、NANDフラッシュはバイト単位ではなくページ単位で
読み出しを行っているようです。wikiでは1ページは2112バイトになっていますが、
調べていくと4KBや8KBとの記述も見つけることができます。NANDの容量にあわせて拡張して
いるのではないかと考えられます。
 1ページの容量が増えるとそれだけ不要な部分を読み出すことが多くなると思うので
かないまるさんはそれを揶揄して

>大容量の高速フラッシュメモリは、かなりのビット数のアドレスラインがバッサバッサと動きます

とおっしゃったのではないかなと思います。とりあえず取り急ぎ。引き続き勉強を続けて
いきたいと思います。

「[111212]楽曲をコピーするたびに音質が変わるのはなぜですか。」を見返していたのですが、

>SSDのほうが音質がよいという人も多いですが、盲信に近いものがあります。
>私の検討ではHDDのほうが音質がよいこともよくあります。

 とありました。私も安直にSSDのほうが音質が良くなるのでは?と考えたことがあったので
気をつけたいと思います。(苦笑)やはり聞き比べてナンボですね。(苦笑)



[386] はい、ほどほどにしておきます (^^;; 投稿者:juubee 投稿日:2011/12/26(Mon) 10:31  

☆Quien さん
その通りですね (笑)。

なお、Quienさんの[381]の
>確か、PCオーディオfan No.5で御田さんは2.5インチのHDDが音がよいとおっしゃっていたと思う
に、御田さんがご自身のブログで説明されていますので、ご覧下さい。
http://www.eonet.ne.jp/~audio-interior/onGdiary2011.html

こっちの掲示板に直接書いていただいてもよかったのですが、あちらのほうが遥かに訪問者さん
は多いし、もう一度説明しておく必要を感じられたのでしょう。

私も御田さんの考えを理解していたつもりですし、まったく同感ですが、ついスルー?していました (^^;;
でも、ちょっと褒めすぎですよね (^^ヾ


[385] 最近のSSDやSDHCはウェアレベリングされているので普通に読むだけでランダム読み込みになっているのだと思います。 投稿者:Quien 投稿日:2011/12/23(Fri) 21:32  

>後は、連続読み出しの動作と乱読み出しの動作が違うかどうか、ですが・・(くどい? 笑)

 私たちがデフラグ等で見ることができるアドレスは論理アドレスなので論理アドレス上で
連続して見えていても物理アドレス上では連続していない可能性が高いですね。

>>大容量の高速フラッシュメモリは、かなりのビット数のアドレスラインがバッサバッサと動きます
>特にこれがよくわかりません。読み出すセル数が同じなら、使用するアドレスライン数も同じかと
>思うのですが・・。

 HDDもそうですが、NANDフラッシュに対しても私の理解度がまだまだ低いようで。(苦笑)
もう少ししっかり勉強したいと思います。

>また、どこかにNOR型のSDカード?ってないかな、な〜んて(笑)。
>などなど・・。

 まだ、数十MBクラスのころのフラッシュメモリならそうかもしれませんが…。
新品では無理でしょうねぇ。リサイクルショップを根気よく探せば見つかるかもしれませんが、
その前にメーカーページとにらめっこしてNOR型時代のカタログ等を探すところから
スタートでしょうか。(笑)

■HDD

 2.5インチにも3.5インチにもメリットでメリットがありそうですね。今まで2.5インチに触る
機会がなかったので、そのうち試してみようかなと思います。

>困ったのは、フラッシュメモリーも(HDDも)実は大変デリケートではないかと思えてきたので
>いままでの検証をやり直さなければならないかもしれない、ことです (^^;;

 そこまで突き詰めなくても良いような気もしますが…。(苦笑)家庭用の100V電源も
PC用のスイッチング電源もある程度の不確定要素をはらんでいるわけですし…。
ほどほどでよいと思います。


[384] だって、なかなか面白い現象でしょ 投稿者:juubee 投稿日:2011/12/23(Fri) 15:57  

☆何とでもする さん
単に興味を持ったので、フラッシュメモリーを試しているだけですよ。



[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12] [13] [14] [15] [16] [17] [18] [19] [20] [21] [22] [23] [24] [25] [26] [27] [28] [29] [30] [31] [32] [33] [34] [35] [36] [37] [38] [39] [40] [41] [42] [43] [44] [45]
処理 記事No 暗証キー
- LightBoard -